医者のイラスト

SNSが原因にもなる

SNSが原因でうつ病の症状が起きる

今では、当たり前のように携帯電話を日常的に使用されるようになり、SNSが普及するようになっています。友人や見知らぬ人とSNSを通じて、繋がりやすくなっています。しかし、ネット上で繋がりすぎるあまり、うつ病に発展するケースも見られています。 たとえば、SNSによるうつ病の症状として代表的なのは、他人の楽しそうな写真を見て嫉妬してしまうことです。自分の生活と比べて充実している生活を見ることで、不安に感じるようになります。そして、うつ病の症状が酷くなると、パソコンを開くのも嫌になって家でふさぎ込むようになります。 SNSのうつ病は、投稿に対する友人の反応を気にする人、SNS上の友人数が気になる方がなりやすいです。

うつを改善するためには

SNSによるうつ病の症状を改善するには、自分の意識を変えることが大事です。たとえば、SNSを利用する時は、自分の中で一定のルールを設けてみることが大事です。たとえば、一日のログイン数、投稿する頻度などある程度減らして行くと良いです。そうすること、ネットだけに依存することを防ぎ、楽に生活することができます。 その他の対策は、SNS上で付き合う友達の数を整理してみるのも効果的です。ネット上だけの友達ではなく、自分の本音で話せる人のみに限定して利用することが大事です。本当のことを話せる友達だけと交流することで、ストレスを感じずに済みます。また、どうしても症状が改善しない場合は、一度SNSから離れてみるのも効果的です。