医者のイラスト

春の出来事

春にうつ病が起こる原因とその症状

春というと、日本では入学式などがあり、新しく何かが始まる時期です。なので、新しい生活がとても楽しみだと感じる方が多くいます。しかしながら、その一方で何故かやる気が出ない、ストレスを常に感じるなどの症状になる方も多いです。このように春になると憂鬱な気分になる症状を、春うつ病と呼んでいます。春うつ病になると、無気力感に襲われ、日常生活に支障をきたします。 なぜ春にうつ病になるかというと、そもそも引越し、学校への入学、会社への入社など春は新しいことが始まる時期だからです。よって、今までの親しんできた人間関係や環境と離れなければならず、悲哀感を強く感じてしまう傾向にあります。強い喪失感がきっかけで、春にうつ病になってしまうケースが多いです。

効率よく改善するためには

春に起こるうつ病の症状を改善するには、まず最初から頑張りすぎないことです。新しい環境で良いところを見せるために、過剰に頑張りすぎてしまう方は多くいます。しかし、自分の能力以上に頑張り過ぎることは、過剰なストレスにつながります。これでは、精神的にも肉体的にもよくありません。なので、最初から頑張りすぎずに、自分のペースで進んで行くことが大事です。 その他の症状を改善する方法は、たまに深呼吸を行なうことです。深呼吸には、交感神経が優位な状態から、リラックスをつかさどる副交感神経に移行させる働きがあります。これによって、心も体もリラックスした状態になれます。過度な緊張からはなれることができるので、うつの改善に効果的です。

効果がある治療の方法

子どもがうつになってしまった場合は、親の力ではどうすることもできません。なので、困ったらすぐに専門医に相談をすることが大事です。相談する専門医は、保健所での児童相談、精神相談の窓口、かかりつけの小児科医などに頼ると良いです。病院では子どものカウンセリングを行い、精神的ストレスを改善してくれます。 また、家庭で気をつけることは、子どもを無理に励まさないことです。子どもが感じている苦しみは外から見えにくいため、ついつい家族は励ましてしまいがちです。ですが、過剰に励ますことは、子どもにとって過度のプレッシャーになります。なので、絶対に控えたほうがよいです。一番大切なのは、子どもの話を聞いて、うつ病のつらさを共感してあげることです。そうすることで、子どもの負担を軽くできます。