医者のイラスト

冬の環境変化

冬になると起こる季節性うつ病の症状

ここ最近では、季節性うつ病というものにかかる人が増えています。この季節性うつ病というのは、夏はとても元気だったのに、秋になると急に悲しい気分になってしまう症状です。気候が涼しくなるにつれて、何もやる気が出なくなり、日に日に落ち込みが激しくなっていきます。その症状は、一般的なうつ病の症状とほぼ同一といわれています。今まで楽しんできたことを楽しめない、疲れやすい、眠気が強く睡眠時間が長くなるなどの症状も表れます。 そもそもなぜ季節性うつ病が起きるかというと、主な要因は日照時間の短さや気温の変化によるものです。気候の変化で身体が不調をきたし、併せて心の不調も出やすくなってしまいます。また、光の刺激が減ることで、脳を覚醒させるセロトニンが減り、脳の活動が低下してしまいます。

病状を治すために効果的な生活習慣

季節性うつ病を改善するには、とにかく太陽に当たる時間を増やすことです。というのは、うつ病の原因と指摘されるのが、神経伝達物質「セロトニン」の不足によるものだからです。このセロトニンには、心をリラックスさせてくれる効能があります。ですから、セロトニンを増やすことで、自然とうつ症状は改善されます。特に太陽の日が入らない部屋で仕事をしている人は、積極的に外出して日光に当たるといいです。 その他のうつを改善する方法は、乳製品やたんぱく質を積極的に食べることです。セロトニンを作り出す材料といわれているのが、トリプトファンという成分です。このトリプトファンの吸収を促すためには、ビタミンを取ることがポイントになります。ビタミンを多く含む食品として、チーズや、肉、レバーがあげられます。そのため、積極的に摂ることが勧められます。