心の健康を守る秘訣

就職が原因となる

近年増えている就職活動によるうつ病の症状

ここ最近は、大学生などの若者の就職難が続いています。なかには何十社に及ぶ企業と面接しても内定が得られないケースがあります。そのため、就活活動によるうつ病を発症する若者が相次いでいます。 就職活動によるうつ病の原因は、就活の失敗や行き詰まりによって強度のストレスを感じてしまうからです。最近では、企業から面接で威圧的な質問をされることが多く、学生は精神的にストレスを感じやすいです。また、周りの友達も就活ではライバル化し、相談相手がいない学生も多いです。 就職うつの症状は、心に不調をきたし、抑うつ状態に陥ります。その他にも、朝起きられない、頭痛、腹痛、アルコールやゲームに依存するなどの症状があります。そして、うつの症状が重い場合は、引きこもりや自殺に追い込まれるケースもあります。

治療をするための具体的な方法

就職活動によるうつ病の症状を改善するためには、まずは一度休んで見ることが大事です。就職したいとたくさんの会社と面接しても、上手くいかずに精神的なストレスを感じやすくなります。その状態では、心の状態もよくならず、就職活動も上手くいきません。なので、一度就活から離れてリセットしてみると良いです。その際、自分を責めるのではなく、自分の周りの状況に問題があるとの認識を持つといいです。そうすることで、心の負担を軽減することができます。 また、就活によるうつ病を改善するには、普段の食事で葉酸を摂取すると良いです。葉酸は、気分を落ち着かせ、脳神経を健康に保つ効果があるので、うつ治療に効果的です。たとえば、レバー・ホウレンソウ、アボカドに豊富にあるので、それらの食品を意識的に食べると良いです。

季節性のうつ病に伴う症状

現代の日本において、うつ病は深刻な問題となっています。実は、うつ病の中でも、ある一定のシーズンにだけ症状が現れるものがあります。それは、季節性うつ病と呼ばれるものです。特に寒い冬になると、体のだるさや疲れ、気分の落ち込みなどのうつ症状が現れます。 この季節性うつ病の具体的な症状は、まず朝起きることができない、食べ過ぎ、とにかく眠いなどの症状があります。また、何をしていても虚しく、無気力に覆われます。 上記の季節性うつの大きな原因は、冬の日照時間の短さです。そして、冬は寒くて外出の機会も減るので、太陽にあたる時間が1番少なくなってしまいます。すると、心のバランスを整える神経伝達物質の「セロトニン」の分泌が少なくなります。この物質が減ることで、うつになりやすくなります。

うつの状態を快方に向わせるには

季節性うつ病を改善するには、太陽からの光により多く当たることが大切です。そもそも冬は日が短くなるので、意識的に太陽が出ているときに散歩すると良いです。光に当たることで、精神のバランスを良くするセロトニンが分泌されます。また、できるだけ自宅や仕事場に日光が入るように、日中は窓を開けておくことも大事です。太陽の光を上手く浴びられない場合は、自宅や仕事場の照明を明るいものに取り替えるのも効果的です。目から光が入ることで、体のリズムが整えられます。 その他の改善方法は、友達などと積極的に交流を持つことです。季節性うつ病の患者の多くは、一人で家に閉じこもってしまいがちです。ですが、それだと余計にふさぎこんでしまいます。友人と一緒に外に出て楽しむことで、うつの症状の緩和が期待できます。

子どものうつ病が増えている原因とその症状

日本では、ここ数年で子どものうつ病として「小児うつ」になる子どもが増えています。この小児うつの症状は、まず物事に対して興味がなくなる、意欲の減退などが見られます。また、落ち着きなく動き回る、何をするにも遅い、無口になるなどの症状もあります。そして、大人がうつ病になるとつらいと感じますが、子どもの場合、常にイライラする傾向にあります。 なぜ小児うつが増えているかというと、その原因は家庭で始終怒鳴られるようなしつけを受けることが多いからです。これは調査の結果、明らかになったことです。子どもが親から怒鳴りつけるしつけを継続的に受けると、うつ病の症状を示す確率が増加するということです。 その他のうつの原因は、LINEやツイッターでの人間関係によるものです。最近の子どもはネット上の付き合いが当たり前になっています。その付き合いが負担になるk遠出、うつの症状になります。

エネルギーの低下

心にストレスが溜まってくるとうつ病を発症しやすくなります。心にはエネルギーが必要であり、このエネルギーが作り出せなくなるのです。症状としては無気力になることが挙げられます。

 詳しく読む

春の出来事

進学や就職など、春には環境が大きく変わるといえる変化が出てきます。こういった環境の変化によるストレスが原因で、うつ病になってしまうことがあります。症状を改善するための方法は頑張り過ぎないことが肝心です。

 詳しく読む

冬の環境変化

人間の身体は環境の変化にとても敏感にできています。特に冬は日照時間の関係で、気持ちも落ち込みやすく、うつ病の症状が出る人もいます。この場合の季節性うつは、太陽に当たることが重要になってきます。

 詳しく読む

現代の状況が起こす

うつ病は現代病とも呼ばれています。自殺衝動といった症状もあるのでとても危険な病気です。この原因として、ストレスの多い社会情勢が挙げられます。食べ物で改善するといった単純なことが治療のきっかけになることがあります。

 詳しく読む

SNSが原因にもなる

スマホが普及してきたことで、多くの人がSNSに触れやすい時代になっています。しかし、これが原因となりうつ病になってしまう人もいます。症状を理解し、SNSに対する付き合い方を変えることが重要です。

 詳しく読む